2017年05月10日

ウォーキング・ジョギング・サイクリングを楽しむためのセルフケア

歩いて、走って、自転車で...ようやく薄着で新緑を楽しみ、また

田植えや植樹など、春の芽吹きを次へと育てる大切な時期のようでもあります。

湿気がまさってくる前に、適度にからだを動かして、

汗を出しやすく、からだの水はけをよくしておくことのも今の季節ならでは。

足首、ひざ、ふくらはぎなど、足の動きをよくするツボに

手軽なお灸のセルフケアをお伝えします!

1)足三里 何かと有名なツボですが、ひざから土踏まずにつながる足首を動かす筋肉上にあり、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどによる足の疲れをサッととってくれます。鼻づまりや胃痛にも有効です。
IMG_0043.JPG

2)陽陵泉 足三里より外側にあり、疲れて足がガクガクするような時にオススメです。腰の痛みにも効果があります。
陽陵泉.jpg

3)承筋・承山 ふくらはぎの真ん中と、ふくらはぎからアキレス腱に変わろうとする辺りで、圧すと痛いのは外反母趾や足裏のタコとも関係があるかもしれません。足がツル、便秘がちといった時にも有効です。
承山.jpg

※当院オリジナル「こころとからだのバランスカード」より転載しています。ご自宅でのセルフケアにお使いください。但し商用利用は固く禁じます。

※セルフケアに手頃な台座灸はドラッグストアでも扱いがあります。熱過ぎないようlight、mild、弱などのものから試すのがオススメです。

※当院ではセルフケアの指導もいたします。ご興味あればどうぞご相談ください。
posted by soothe at 17:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。