2012年09月06日

集中力に鍼灸だ!

細々した作業をどうにかこうにかこなし、目が乾いたり肩がこったりするのを乗り越えて続けるうちにちょっとした工夫が見えてくることがあります。

それが素晴らしく思え、実際に効率が上がってくれればよいものの、残業明けの翌朝に見直すと全部やり直さざるを得ない物が出来上がっていた...などということもまたあるようです。

ちょっとした工夫を思いついた時点で、それが示していたのは、新しいやり方というよりは気分転換の必要性だったのではないでしょうか。

PCに搭載のゲームや新聞のクロスワード程度のことをやってみて、思ったほどの得点が出なかったり、知っているはずの語が思い出せなかったりするようならば、それは「リフレッシュ信号」と捉え、少し席を立ったり、トイレに行ったりして一息入れた方が全体としての能率は上がり、よい結果に繋がるかもしれません。

両手を耳の高さに伸ばし、目を閉じたまま正面で左右の指先をくっつけることができますか?!

もし出来なければ相当な脳疲労、今すぐPCを閉じて(スマフォを置いて)、外の空気を吸いに出てください!

時間が経ってからやってみても出来ない場合は、念のため脳神経専門の検査を受けた方がよいかもしれませんが、大抵は換気、水分補給、きちんとした睡眠といったことで回復するはず、つまりこれも「リフレッシュ信号」なんです。

余りに根詰めた作業を続けては、精魂、すなわち生命力を低下させてしまうので、これを補うのは鍼灸治療の主眼であり、眼精疲労や肩こりというのも、それ自体が主訴になりながら、やはり「リフレッシュ信号」、そろそろ休憩が必要の合図という面もあるのです。

綺麗な空気で思い切り換気するなら、森林浴やハイキングなど自然に触れるのがやはりオススメです。

海水浴にはもう遅いかもしれませんが、浜辺をジョギングしたり、いや寝そべるだけでもいいかもしれません。

尤も根っからの都会育ちで自然が苦手というかたも時々いらっしゃるので、没頭できる趣味や、(これが存外難しいのですが)ただ単にボーっとするというのもとても大切ですし、はたまた鍼灸なんて訳の分からぬ世界(?!)に触れるのも気分転換に役立つならば幸いです。

いいペースでリフレッシュして、高まる集中力。

達成感はよい結果と共に味わいたいものですな!!

海
目の保養に鍼灸だ、肝の洗濯に鍼灸だ...

※百会[ヒャクエ]:またそこか、というのは沢山(=百)効く(=会)というネーミングゆえでして、ホッとするにもシャキッとするにも使える一点かと。
※関元[カンゲン]:元気に関わると書くヘソの指3〜4分下にある一点、下腹を暖めるつもりで掌を置きぐっすり眠れば集中力も回復するでしょう。
posted by soothe at 18:47| 日記